HOME

当院では新型コロナウィルス感染拡大防止への対策を行いながら日々の診療業務を継続して参ります。ご家族、スタッフの健康・安全を第一に考えてまいります。それに伴い当院での伴侶動物のご家族の皆様にご来院時の協力をお願い致します。

  • ご来院時にはマスクの着用をお願い致します。
  • ご来院時に受付カウンター上の消毒液での手指消毒をお願いします。
  • 発熱、咳、倦怠感など体調の優れない方は来院をご遠慮いただくか、代理の方にお連れ頂くよう、お願い致します。
    (事前にお電話でのご相談をお願いします。)
  • 伴侶動物ご家族の皆様はできるだけ1頭につきお1人(最低限の少ない人数)でのご来院をお願い致します。
  • 待合室での距離(1-2m)を保てない場合は恐縮ながらお車、もしくは院外で待機して頂く場合がございます。
  • 伴侶動物をお連れ頂く際には、移動用キャリーなどに入れてお連れください(院内で動物が行き来してしまうと、人と人との距離が近くなってしまうので)。
  • 指示に従っていただけない場合、診療を見送ることがありますので、何卒ご了承ください。
  • 分からないことや、何かありましたら、事前にお電話でお問い合わせください。

※今後の状況によっては診療時間の変更などもあり得ますので、その都度お知らせしてまいります。

矢敷動物病院 院長

病院からのお知らせ

すべてのお知らせをみる

動物病院??

どんな病気があるの? どんなことをするんだろう?
と、素朴な疑問を持たれるご家族も多くいらっしゃいます。元気なうちの子が病気になったら、、、と不安もあることでしょう。
動物病院も読んで字のごとく「病院」なので、内容は人とほとんど変わりません。

診察室では体重測定など、一般的な身体検査から始まり人と同じようなことをします。
変わったところといえば体のいろいろな部分、病気をすべて診るところでしょうか。
人の場合は風邪をひいたら内科へ、花粉症で目がかゆければ眼科へ、骨を折ったら整形外科へ、皮膚が気になれば皮膚科へ、、、と体の部位によって専門=「診療科」が分かれていますが一般的な動物病院(獣医療)では現状、病院ごとに診療科ごとに分かれていないので、全般的に対応させていただきます。
とはいえ、すべてを完璧に診ることはやはり難しいことがあります。そのような場合は大学病院や専門病院といった二次診療施設と連携を取り、その子に最良の治療が受けられるようにご紹介させていただきます。

いろいろご相談ください

犬・猫の健康相談、飼い方相談、その他、お困りのことやちょっとしたお悩み、、、なんでもお気軽にご相談ください!!!

スタッフ一同、親身になってご対応させていただきます。

ごはんについて

毎日のごはん、それは人も動物もおなじく「体の基本」=「健康の元」です。

最近では色々な健康法が話題になったりするなか、動物の食事に関しても様々な情報、製品が蔓延していて、どれを選ぶか決められない方も多くいらっしゃいます。

そんな毎日の大事なごはんのこと、一緒に考えてみたいと思います。
うちの子のことを一番よく知っているご家族と共に。

13